新着情報&イベント NEWS & EVENT

ついに最終回!UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その⑩実走インプレッション~

2019年9月14日

スタッフブログ

PROJECTONE(プロジェクトワン)ってどうやって買うんですか?

 

お客様の一言から始まったこの企画。

 

ちょうど内田がNEWバイクを購入するタイミングと重なったので、せっかくなら車種選びから購入後のインプレッションまで、PROJECTONE(プロジェクトワン)で購入する流れをリアルタイムでご紹介してきたこの企画も今回で最終回です。

 

前回Shakedownで各部の調整とポジションが決まったので、いよいよ今回はガンガン走っちゃいます!

 

ここまでのUPMKプロジェクトはこちらをご覧ください・・・

UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その①決意~

UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その②理解~

UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その③フィッティング~

UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その④カラー~

UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その⑤発注~

UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その⑥待機~

UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その⑦開封~

UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その⑧組立~

UPMKプロジェクト始動『PROJECTONE(プロジェクトワン)で俺は買う‼』~その⑨Shakedown(シェイクダウン)~

 

実走前日ワクワクしてなかなか寝付けなかったのは内緒です(笑)

超妄想♪(笑)

 

 

実走当日は朝6時の涼しい時間からスタート!

車の少ないコースを目指し、宝塚十万辻を越え三田方面へ。

 

 

まずはエアロロードバイクMADONE SLRの苦手とされるヒルクライムスタートです。

実際のところMADONE SLRの登りはどうなのか?

やっぱりここが気になる方も多いはず。

正直なとろ「登れないことはないですよ!」という感じですね。

 

 

原因の一つは・・・


※写真のMADONE9はイメージです。

6.9Kg だったMADONE9に比べ、MADONE SLRは今のところ7.9Kgと約1Kgの重量増。

 

5%を超える勾配になると、登りの苦手な内田には軽々登る感はなくなり、しっかり踏んでペースを維持といった感じ。

だが2~3%の勾配なら、平地と変わらない加速を感じながらクイクイ登る!

しかしEMONDA SLRとどっちで六甲山に登る?と聞かれれば断然EMONDA SLRを選ぶでしょう・・・それほどEMONDA SLRの登坂力はスゴイです!

 

 

一山越え三田市に入り、車の通りが減ったところで平坦コースを走ってみた。

AV30Km/h以上の中速域では、今まで乗っていたEMONDA ALRと比べ、同じ速度で走っているとギア1枚~2枚分軽く感じる

もちろんホイールがアイオロスXXX4を装着していることもあるが、それを考慮してもMADONE SLRの巡行能力の高さを感じる。

ただ振動吸収システムISO Speedに関しては、Shakedown(シェイクダウン)時は真ん中よりもやや前くらいにセットしていて硬さを感じたので、今回は目一杯前にセッティングし、より振動吸収が高くなるようにしてみた。

 

最高であります💖

 

まるで絨毯の上ですね!フレームに伝わるダイレクトな硬さが消え、一気にマイルドな乗り心地のMADONEになりました。

これは明らかにMadone9からの進化しているポイントですね!

 

 

そしてそのままスプリトテストへ!

30Km/h後半からでもわかる瞬間加速!

その加速感半端ないっす

ペダルを踏み込むたびに感じる加速感に、高剛性ながら適度なしなりを感じるハンドルも、上体を維持してリズムよく振りやすい。

高速トレイン組んで、最後に飛び出したら間違いなく面白いはず!

誰か今度引いてください(笑)

 

 

最後にダウンヒルテスト。

まず感じたこと、それは十万辻のような緩やかなコーナーが続く、ハイスピードで下れるコースとMADONEの相性が最高だった!

コーナーでは、リムブレーキからDISCブレーキになったことで安心してツッコめる。

コーナリングの基本は、曲がる前にブレーキで速度調整をしておく事!

強く安定した制動力のDISCブレーキになったことで、いつも以上にブレーキングポイントが奥にある。

まだまだDISCブレーキのピークポイントが分からなく、まだまだ使いこなせていないが、それでも明らかにコーナーを抜けるのが速い!

クリッピングポイントを抜けてからの加速がズキューンである!(笑)

 

上でも書いたが、MADONE9に比べ車重は約1Kg重くなっている。

が、DISCブレーキによる重量増と新型ISO Speed の効果が、絶妙なバランスでハイスピード時の安定感を生んでいるのではないだろうか?

車体の軽さではなくバランスも重要なポイントです。

今まで以上に下りを安心して楽しめるようになりますね!

 

 

登りに命を懸けるならEMONDA SLRでしょう。

決して得意とはいえない登り、それでも高速巡行能力の高さと高速域からの加速は最高に楽しい!

そんな高速走行と加速感を楽しむ内田のパートナーはやっぱりMADONEですね。

MADONE SLRはスピードを楽しむスペシャルバイクだ!

 

 

最後に・・・

スタートから3か月半、長かった企画もついに終わりとなりました。PROJECTONE(プロジェクトワン)での購入を決意してから、実走するまでをリアルタイムにブログで書いてきましたが、これからPROJECTONE(プロジェクトワン)での購入を検討されているみなさんの参考になれば幸いです。PROJECTONE(プロジェクトワン)=高額車ですが、得られる満足度はその価格を確実の上回るモノがあります。購入した人にしか感じられないことかもしれませんが、今まで内田が世に送り出してきたPROJECTONE(プロジェクトワン)オーナー様は、ロングライド、レース、グルメライドと、ライドスタイルは色々ですが、どなたも最高の満足度で楽しんでいただいています。PROJECTONE(プロジェクトワン)に興味をお持ちの方、ただPROJECTONE(プロジェクトワン)で購入するだけでなく、THE EARTH BIKESでより満足度の高いPROJECTONE(プロジェクトワン)を一緒に作りましょう!

 

 

THE EARTH BIKESでスポーツバイクを始めましょう!

尼崎・西宮・伊丹・芦屋・神戸のTREK専門店【THE EARTH BIKES】

電話 06-7509-3306
住所 兵庫県尼崎市西昆陽2-2-32
ホームページ https://www.the-earthbikes.com/
営業時間 11時00分~19時00分
定休日 水曜日・木曜日

人気の記事

最近の記事